top of page

Formlabs社が新たにForm2 3Dプリンター向け歯科用材料を発表

※この記事はFormlabs社の発表を弊社で要約したものであり、内容で触れられているものはFormlabs社が予定している段階です。現時点では国内未発売・発売未定のものも含まれ、開発中のものについては国内法に準じていない場合もあります。ご留意ください。

Formlabs社、歯科用新材料を発表

Form2 3Dプリンターの製造元である米Formlabs社は、日本時間16日に告知の中で歯科3Dプリント用新材料を発表しました。

先日サージカルガイド製作用材料「Dental SG」(4/1に弊社より販売開始)を発売したFormlabsですが、今回新たに2種類の歯科用新材料を含む、全4種に及ぶデンタル材料ラインナップの構想を発表しました。

以下に発表から抜粋した概要を掲載します。

・歯科用新材料「Dental Model」(プレオーダー受付中・医療機器届出作業中)

模型用精密材料。樹脂模型・作業用模型のための材料で、矯正歯科・修復歯科等での使用を想定しています。

表面はマットで、積層痕がほとんど目立たないことが特徴です。

高い精度模型の造形が可能であり、クラウンやブリッジのコンタクトチェック用途に使用可能です。従来アナログ印象が行っていた機能の全てを置換できます。

・歯科用新材料「Dental LT Clear」(開発中)

生体適合材料。クラスⅡa相当の生体適合樹脂で、最大30日間口腔内に入れることが可能です。

外見は光沢があり透過性の高いクリアカラーとなっており、割れや摩耗に対して耐性があり高い強度を持っています。

プリントしたものを処理後そのまま口腔内に入れる"Direct Printed"の用途として、クリアライナー等での使用が想定されています。

他の直接プリントされた矯正器具等との相性も良いとのことです。

・歯科用材料「Castable」(4/1販売開始予定・医療機器届出済)

焼却可能材料。鋳造原型として使用可能なワックスパターンが造形できる材料です。

高い精度と滑らかな表面が特徴です。

今回formlabsから正式に歯科用ラインナップとしての発表がありましたが、弊社では既に医療機器承認を取得の上、4月1日より販売を開始する予定です。