【製品情報】Form 3B+へのアップグレードについて


横糸電歯技研を運営します株式会社YOKOITOです。

いつもご利用ありがとうございます。

この度2022年1月よりForm 3Bが


Form 3B+(フォームスリービープラス)へと名前を変え、新しく生まれ変わりました。


こちらの記事では、Form 3BからForm 3B+への変化に伴い、どのような機能が追加されたのかをご紹介します。


 

■ハードウェアの機能性向上


1. 表面品質の向上 

Form 3Bは、ローリングカムフォロワがLPU筐体に備わったリニアレールに沿って水平に移動することでLPUを安定させていました。


今回のForm 3B+へのアップグレードでは、このローリングカムフォロワをカムスライダーへとアップグレードしています。これにより、筐体がよりスムーズに移動し、造形が次の層に移行する際の停止時間をより短縮することができます。


このアップグレードにより、より表面が滑らかな造形が可能になります。



2. レジン温度管理機能の向上

造形精度に関わるレジンの粘度と硬化プロセスは、レジンの温度に大きく依存します。


Form 3B+は、加熱システムの再設計によりレジン自体に近いところでより正確に温度を測定し、周囲の機能に左右されずにより早く、より一貫して造形をスタートできます。 



3. 造形開始時の初期層を改善

Form 3+/Form 3B+では、ビルドプラットフォームの造形面とLPU筐体間で位置の微調整がなされています。


この微調整により造形物がビルドプラットフォームに付着するために必要な露光量が減り、造形速度が向上します。(通常は5~15分程度の速度向上)





■ソフトウェアの機能性向上


※以下はForm 3B及びForm 3B+お持ちの全ての方がPreformとファームウェアのアップデートにより機能アップデートが可能です。




1. 造形スピードの向上


Formlabsはほぼ全ての材料に対し、新たな造形設定を開発しました。


この新設定により、造形物の形状に応じて機体での造形時間を20%~40%短縮することが可能になります。


造形速度向上のための主な変更点:


  • LPUレーザーの高出力化

  • レーザーガルボの動作を高速化

  • より高速に造形できるサポート形状

  • LPUの移動幅改善


2. より簡単な後処理へ


より細いライトタッチサポート設定が可能になり、表面の窪みを残さない、より簡単な部品の取り外しが実現します。




3. ユーザーエクスペリエンスの向上


  • 予熱機能の実装

  • スリープモードの実装


以上、今回Form 3B+への変更に伴い、実装されたハードウェア及びソフトウェアのアップグレード内容になります。


※Form 3Bはすでに生産終了しております。


ご不明点等ございましたらいつでもご連絡くださいませ。

引き続き横糸電歯技研をどうぞよろしくお願いいたします。


特集記事
最新記事