top of page

【IDS2019 REPORT Vol.2】 - 新方式を活用した大型3Dプリンターの登場


IDS2019がドイツ、ケルンにて3月12日から16日の日程で開催されました。

◆ IDSとは

IDSはInternational Dental Show の略で歯科業界で商業的にも最も影響力があると言われる、世界最大の歯科専門国際見本市です。

今回横糸電歯技研からも2人現地に行ってきました。

前回2017年のIDSにも参加しているため、その時との違いを中心にレポートを何本か書かせていただければと思います。

レポート第2回目の今回は、新方式を活用した大型3Dプリンターの登場について書かせていただきます。

前回の記事はこちら

【IDS2019 REPORT Vol.1】 - 展示から見る、普及期に入った3Dプリンター

 

新方式、LCD方式3Dプリンターの登場

今回は少しマニアックな話になりますが、前回のIDS2017では見られなかった新たな方式「LCD方式」による3Dプリンターのお話ができればと思います。

LCDとは、簡単にいうとDLPやSLAと違い直接ベッド面に近いところに液晶テレビを貼り付けたようなものです。以前から液晶ディスプレイの光を利用して光学造形をしようという発想自体はありました。一番わかりやすい例がOLO 3Dプリンターと言われるスマートフォンのディスプレイを利用して光造形を行おうという製品です。

ex.OLO 3Dプリンター